朱印状|ご祈願・お参りは東京・赤坂にある日枝神社

朱印状

当社は徳川幕府の直轄神社であった関係上、家康以降歴代の将軍が朱印状をもって神領を寄進し当社の維持運営に寄与されました。

徳川家康の時代に城内に5石、秀忠の時代に100石、そして家光に至り600石に加増された神領は、そのままに幕末まで至りました。

徳川家康 朱印状

徳川家康 朱印状:城内に5石の寄進

※写真をクリックするとスライドショーになります。

<城内に5石の寄進>

天正19年11月

徳川秀忠 朱印状

徳川秀忠 朱印状:武蔵国浅生(麻布)郷に百石の寄進

※写真をクリックするとスライドショーになります。

<武蔵国浅生(麻布)郷に百石の寄進>

元和3年11月13日

徳川家光 朱印状

徳川家光 朱印状:合計六百石の寄進

※写真をクリックするとスライドショーになります。

<合計六百石の寄進>

寛永12年6月17日

武蔵国麻生(布)郷に百石、多末郡(多摩郡)堀之内村に百九十七石余、阿佐ケ谷村に百八十七石余、天沼村に百十九石余。

  • Facebook
  • twitter
  • 動画
  • 日枝あかさか