年間行事

年間行事一覧

1月

初詣

1日 初詣

午前0時 若水祭:生気溢れる若水を献じ、観世流「ひとり翁」を奉奏する。
午前8時 歳旦祭:新年を祝い皇室の御繁栄と国の益々の発展を祈る祭 初神楽「四方拝」を奉奏する。

元始祭

3日 午前9時
元始祭

年頭にあたり皇室の御繁栄と国の益々の発展を祈る祭 神楽「豊栄の舞」を奉奏する。

奉納書初展感謝奉告祭

6日 午後2時
奉納書初展感謝奉告祭

1月15日まで境内に展示される作品の奉納を奉告し、書道上達と学業成就を祈る祭。

印章護持祭

13日 午前11時
印章護持祭

印章の霊性に感謝し、開運招福を祈る祭 「悠久の舞」を奉奏する。

神符焼納祭

15日 午前10時30分
神符焼納祭

正月飾りや古い神札・御守をお焚き上げする神事。

庚申祭

28日 午前9時
庚申祭

2月

3月

春季皇霊祭遥拝

21日 午前9時
春季皇霊祭遥拝

宮中皇霊殿で行われる春季皇霊祭を遥拝する。

庚申祭

29日 午前9時
庚申祭

4月

末社山王稲荷神社例祭

20日 午前11時
末社山王稲荷神社例祭

境内末社として鎮座する山王稲荷神社の例祭。

昭和祭

29日 午前9時
昭和祭

昭和天皇御降誕の日に際して、昭和の御代の大業を称え、皇室の御繁栄と国の益々の発展、文化の振興と産業の増進、永遠の平和を祈る祭。

5月

6月

山王祭

7~17日
山王祭

日本三大祭のひとつに数えられ、江戸時代「天下祭」と称された祭礼。

大祓並鎮火祭

30日 午後3時
大祓並鎮火祭

知らず識らずに犯した罪・穢や災を人形にうつし、また「茅の輪」をくぐることにより、身心を祓い清める神事。

7月

緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い開会奉告祭

20日 午前6時30分
緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い開会奉告祭

夏季の「緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い」の開会を奉告し、児童を始め、参加者の健康と幸福を祈る祭。

庚申祭

27日 午前9時
庚申祭

8月

箸感謝祭

4日 午前10時30分
箸感謝祭

8月4日(八四)に因み「箸」に感謝し、延命長寿・無病息災を祈る祭。

緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い開会奉告祭

31日 午前6時30分
緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い開会奉告祭

「緑蔭朝詣りとラジオ体操の集い」の閉会を奉告し、無事終了を感謝する祭。

9月

敬老祭

17日 午後2時
敬老祭

敬老の日にあたり、氏子並びに御崇敬の高齢者を招待し、益々の健康長寿を祈る祭。

山王祖霊祭

20日 午前11時
山王祖霊祭

永年神社に奉仕し、また御神徳の発揚に尽力した方々の遺徳を偲ぶ合同慰霊祭。

秋季皇霊祭遥拝

23日 午前9時
秋季皇霊祭遥拝

宮中皇霊殿で行われる秋季皇霊祭を遥拝する。

中秋管絃祭

24日 午後6時
中秋管絃祭

中秋の日に「山王太鼓」「雅楽」「巫女舞」「舞楽」を奏し、万民の和楽を祈り、神慮を和めまつる祭。

庚申祭

25日 午前9時
庚申祭

10月

神嘗祭遥拝

17日 午前9時
神嘗祭遥拝

伊勢の神宮で行われる神嘗祭を遥拝する。

11月

明治祭

3日 午前9時
明治祭

元の明治節祭 我国を近代国家として発展せしめられた、明治天皇の御聖徳を仰ぐ祭。

新嘗祭

23日 午前10時30分
新嘗祭

三大祭の一つである祈年祭と対をなす祭で、 収穫、殊に稲の稔りを感謝する祭。

庚申祭

25日 午前9時
庚申祭

12月

大麻神札頒布始祭

1日 午前9時
大麻神札頒布始祭

神宮大麻と当神社の神札を氏子の各戸で頒布するにあたり、執り行われる神事。

天長祭

23日 午前9時
天長祭

天皇陛下の御誕生日を寿ぎ、聖寿の万歳と皇室の御繁栄とを祈る祭。

大祓並鎮火祭

31日 午後3時
大祓並鎮火祭

知らず識らずに犯した罪・穢や災を人形にうつし、また「茅の輪」をくぐることにより、身心を祓い清める神事。

除夜祭

31日 午後8時
除夜祭

一年間の諸儀が滞りなくおこなわれたことを感謝し、来る年が佳き年である事を祈る祭。

その他